胎児への必要な栄養

胎児女性の社会進出に伴い、結婚や出産の年齢が上がってきている現代、いざ赤ちゃんを望んでもなかなか授からない不妊という現状が多いのも事実です。女性の体は歳を重ねると妊娠する確率は下がります。それは女性ホルモンの分泌の低下によるものが大きいです。卵子は年齢とともにその量や質が低下しますが、ホルモンのバランスが悪いと排卵をしにくくします。また、子宮内環境が妊娠を継続する環境に整っていなければ妊娠を継続することが出来ないのです。子宮壁は本来フカフカで柔らかく厚みがあるものなので、受精卵が着床しそこで細胞分裂を行っていき胎児が成長していくものですが、その子宮壁に柔らかさがなくなることでせっかくの受精卵がそこにとどまっていられずに流産という形になってしまうのです。自然に妊娠し、継続させるためにはまずは女性ホルモンのバランスを整える必要があります。それに適しているのが葉酸です。葉酸は女性ホルモンの分泌を促し、妊娠をサポートしていく働きのある栄養素です。妊娠初期には胎児が脳や神経系を形成していく大切な時期ですが、この時期に葉酸不足になると大きな障害を持って生まれるリスクがたかくなります。また、赤ちゃんがお腹で成長していく過程、母体の栄養不足、貧血などにも大きな効果のあるものなので、摂り続けるべき栄養素であるのです。健康な子どもの誕生のため葉酸の多く含まれた食材を意識的に食べることや、サプリなどで補充することで確実に体内に摂取していくことが大切なのです。