妊娠初期に必須の食べ物とは。

妊娠を希望する女性が情報を検索してたどり着くワードに「葉酸」が挙げられます。葉酸とはほうれん草から見つかった栄養素のことで、水溶性のビタミンB群の一種です。葉酸はビタミンB12と協調して造血作用があり、貧血予防に役立ちます。このことから、妊活中から妊婦・授乳期までと子供を育てるママにとって必須の栄養素と言えるのです。
では次に、さまざまなステージから葉酸の必要性についてみてみましょう。まず妊娠が判明する前から葉酸を摂取する必要があります。というのは、葉酸不足により胎児の神経管閉鎖障害の発症につながることが最近の研究からわかってきたのです。この重要な成長の時期が妊娠4〜10週目と言われており、妊娠が判明するか否かといった時期にはすでに葉酸が必要となるのです。また、特に高齢出産の場合先天異常の発生率が高くなるので、障害のリスクを抑えることができます。そして出産の時ですが、上記にも述べたように出血量が多くなる人もいます。葉酸は貧血の予防にも役立つのです。ほうれん草さらに産後には授乳が待っています。母乳はママの血液から作られているので貧血になりやすいです。また、赤ちゃんの成長にも葉酸は必須であり、産後は摂取する栄養素に気を付けたいものです。最後に生理中についてです。葉酸を摂取していれば血液がどんどん作られるので、生理痛を軽減する効果があるとも言われています。
このように女性の体はどんどん変化していきますが、どの時でも葉酸は必要不可欠です。葉酸はほうれん草やブロッコリーなどから摂取できますが、現代の食生活だとなかなか基準量を食べるのは難しいかもしれません。サプリメントから摂取するのも良いでしょう。